>>楽天のお得な【クーポン】を多数配布中♪<<

ティファールKO9238JPとKO7558JPの違いを比較!どっちがおすすめ?

ティファールKO9238JPとKO7558JPの違いを比較!どっちがおすすめ?家電

2022年4月にティファールから電気ケトル「カフェ コントロール 1.0L KO9238JP」 が発売されます!

「カフェ コントロール 1.0L KO9238JP」は、最適な「お湯の温度」と「注ぎ方」を簡単、手軽に実現し、本格的なおいしいコーヒーが淹れられる電気ケトルとして注目されていますね(^^)

今回はそんなティファールのKO9238JPKO7558JPの違いを比較してみました。

ティファールのKO9238JPとKO7558JPの違いを詳しく知りたい!

と気になっている人は、ぜひ最後まで目を通してくださいね♪

▼KO9238JP

▼KO7558JP

ティファールカフェコントロールKO9238JPとKO7558JPの違いを比較!

結論から言うと、ティファールKO9238JPとKO7558JPの違いは以下です。

・温度設定…KO9238JPは 8段階、KO7558JP は7段階
・蓋の取り外し
・ボタンがタッチパネル式
・内容量、サイズ
・値段
上から順番にお話しますね♪

温度設定の段階

・KO9238JPの温度設定 … 8段階
・KO7558JPの温度設定 … 7段階

KO9238JPの温度設定は(40℃、60℃、70℃、80℃、85℃、90℃、95℃、100℃)での8段階が可能で、コーヒーのおいしさを引き出す80〜95℃前後の湯沸かしもボタン一つで手軽にできます。

ちなみにKO7558JPは(60℃、70℃、80℃、85℃、90℃、95℃、100℃)の7段階です。

違いは、KO9238は40℃の温度設定が可能な点ですね!

40℃の使い道ってコーヒー以外だと何があるのかな?と思い調べてみたら、母乳の湯せんなどに良いみたいですよ〜♪

蓋の取り外し

・KO9238JP … 蓋を取り外せる
・KO7558JP … 蓋を取り外せない

KO9238JPは蓋を取り外せます。やけどがしにくい取っ手形状になっているので安心です◎♪

対してKO7558JPは蓋が取り外せません

個人的には蓋が取り外せないタイプ(本体に蓋が付いている)方が、ワンタッチで蓋を開いて給水できるので便利な印象です。

蓋は外れるタイプは、いったんシンクなどに蓋を置いて給水→蓋を取り付けるというステップを踏む必要があるので、地味に面倒なんですよね^^;

でも蓋を外せる方が洗いやすいというメリットもあるので、こればかりはお好みで〜という感じです◎

ボタンがタッチパネル式

・KO9238JP … ボタンがタッチパネル式
・KO7558JP … ボタンはタッチパネル式ではない

KO9238JPはタッチパネル式のボタンが採用されています。

一方KO7558JPは一般的なボタンタイプ。

タッチパネル式のKO9238JPは無駄な凹凸がなくてスッキリした印象ですね!

近頃の家電はタッチパネル式のボタンが多いですね〜。

最近 家電量販店で見た洗濯機もタッチパネル式でした(^^)

内容量、サイズ

・KO9238JP … 1.0L / (W)約170 × (D)290 × (H)235㎜ / 約1,150g
・KO7558JP … 1.2L / (W)約160 × (D)210 × (H)230㎜ / 約1,150g

KO9238JPはKO7558JPより内容量が0.2L少ないです。

幅と高さはほぼ同じですが、奥行きが8cmほど違いますね!

KO9238は底が広がるポット型なので、その分奥行きがあるのかもしれませんね。

置き場が限られている方は、希望のケトルを置くスペースがあるか購入前に確認しておくと安心ですよ◎

あとは単純にデザインが大きく異なりますね。

KO7558JPは一般的な電気ケトルのデザインに近いですが、KO9238JPはポットのような外観で、丸みをおびたかわいらしいデザインとなっています。

ティファールカフェコントロールKO9238JPとKO7558JP共通する事項

KO9238JPとKO7558JPに共通する事項は以下です。

・自動電源オフ機能
・60分間保温可能
・空焚き防止機能
・パネルで温度を確認できる
・重さ、電源コードの長さ

自動電源オフ機能は、お湯が沸くと自動的にスイッチオフする安全設計を指します。

どちらも60分の保温や空焚き防止機能も装備されています!

重さ、コードの長さも同じでした♪

写真だとKO9238JPの方が重そうな印象がありますが、意外と同じ重さなんですね〜。

ティファールカフェコントロールKO9238JPとKO7558JPおすすめはどっち?

ティファールカフェコントロールKO9238JPとKO7558JPを比較した結果を表にまとめました。

 KO9238JPKO7558JP
サイズ(W×D×H)約170 × 290 × 235㎜約160 × 210 × 230㎜
重量約1,150g約1,150g
内容量1.0L1.2L
コードの長さ約1.3m約1.3m
温度設定段階8段階7段階
蓋の取り外し外せる外せない
ボタンタッチパネルタッチパネルではない
自動電源オフ
60分間保温可能
空焚き防止
パネルで温度を確認

上記を参考に、KO9238JPがおすすめな方、KO7558JPがおすすめな方をお伝えします♪

KO9238JPがおすすめな方

▼KO9238JPがおすすめな方

・温度設定の段階は多い方が安心(40℃の温度設定がほしい)
・蓋は取り外せる方がいい
・タッチパネル式のボタンが好き
・自宅でコーヒーを楽しみたい

KO9238の特徴は細い注ぎ口で、狙った場所に注ぎたい分量のお湯を注げる形状となっています。

これによってコーヒー粉の上に少しずつ、ゆっくりとお湯を落とすことができ、まるでプロがドリップしたような香り高いコーヒーを自宅で簡単に淹れることができるそうです◎

先端の角度にこだわっているため、注いだ後の湯切れも良くなっているんだとか!

これらはKO7558JPにはない造りなので、本格的なコーヒーを楽しみたい方は断然KO9238JPがおすすめです(^^)

見た目のコロンとしたフォルムもとても愛らしいですよね♪

スタイリッシュなボディで、インテリアにもナチュラルに馴染みそうです。

▼KO9238JP

KO7558JPがおすすめな方

▼KO7558JPがおすすめな方

・蓋は取り外せなくてもいい
・内容量は1.2L以上がいい
・スペースの関係で奥行きが短い機種がいい
・なるべく安く手に入れたい

KO7558JPは蓋が本体にくっついているタイプなので、蓋の取り外しが面倒な方におすすめです。
後は、KO9238のような細い注ぎ口を求めていない方にも良いですね◎

自宅でコーヒーを飲む機会があまりない方や、注ぎ口は太めがいい!といった方はKO7558JPの方がおすすめです。

▼KO7558JP

▶楽天市場でKO7558JPの口コミを見る

まとめ:ティファールカフェコントロールKO9238JPとKO7558JPの違いを比較!

今回はティファールのKO9238JPKO7558JPの違いを比較してみました。

ティファールKO9238JPとKO7558JPの違いは以下です。

・温度設定…KO9238JPは 8段階、KO7558JP は7段階
・蓋の取り外し
・ボタンがタッチパネル式
・内容量、サイズ
・値段

機能面ではそこまで差はないですが、KO9238JPの方がデザイン性が高く、おしゃれ家電を使いたい方に良さそうだなと思いました(^^)

ただ値段はKO7558JPの方がお買い得になっていますので、機能面で問題なければお手頃なKO7558JPを選ぶのも良さそうです。

あなたにぴったりな家電を選んでくださいね(^^)

他の電気ケトルと見比べたい方は、こちらも参考になります↓

▶楽天市場の電気ケトルランキングを見る

以下の記事ではティファール KO8548JPとKO7558JPの違いを比較していますので、よろしければあわせてご覧くださいね♪

>>KO8548JPとKO7558JPの違いを比較した記事はこちら

▼KO9238JP

▼KO7558JP

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました