>>楽天のお得な【クーポン】を多数配布中♪<<

MK-K62とMK-K61の違いを比較!どっちがおすすめ?パナソニックフードプロセッサー

MK-K62とMK-K61の違いを比較!どっちがおすすめ?パナソニックフードプロセッサー家電

パナソニック フードプロセッサーMK-K62が発売されることが決定しました!

今回はMK-K62とMK-K61の違いを比較した結果をご紹介します。

結論から言うと、MK-K62とMK-K61の違いは以下の4点です。

・パン生地練り機能(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)
・高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)
・食器洗い乾燥機対応(MK-K62 ◎、MK-K61 ×)
・コードリール(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)

以上から、MK-K62がおすすめな方はこちら↓

食器洗い乾燥機対応が良い
・パン生地練りや3段切り替えスイッチは使わない
・コードリールは不要

一方、MK-K61がおすすめな方はこちら↓

食器洗い乾燥機対応でなくていい
・パン生地練りや3段切り替えスイッチ機能が欲しい

▼食洗機対応が良い方はMK-K62

▼パン生地練り・3段切り替えスイッチが欲しい方はMK-K61

詳細は本文にてお伝えしますね(^^)

MK-K62とMK-K61の違いを比較!

MK-K62とMK-K61の違いは以下の4点です。

・パン生地練り機能(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)
・高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)
・食器洗い乾燥機対応(MK-K62 ◎、MK-K61 ×)
・コードリール(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)

一つずつ解説していきます。

パン生地練り機能:(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)

・パン生地練り機能 … MK-K62 × / MK-K61

MK-K61は高速練りでパン生地をこねることができます。

パン生地以外にうどん生地やパスタ生地も作れます(^^)

パン作りを楽しみたい方や、自宅でうどん・パスタを生地から作ってみたい方はMK-K61の方が良さそうです。

高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)

・高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」 … MK-K62 × / MK-K61

MK-K61には高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」が装備されています。

「高速」「あらびき」「低速」と食材にあわせた調理ができるので、メニューの幅が広がります♪

例えば

・野菜のみじん切りや肉のミンチ →「あらびき」で様子を見ながらゆっくり
・ごま、ピーナッツのすりつぶし&パン生地作り →「高速」
・パスタ、うどん生地作り&魚のすり身→「低速」

のように、材料に応じて調理が可能です◎

食材別にカットの回転スピードを切り替えたい!という方はMK-K61をおすすめします。

食器洗い乾燥機対応(MK-K62 ◎、MK-K61 ×)

・食器洗い乾燥機対応 … MK-K62 / MK-K61 ×

MK-K62は食器洗い乾燥機に対応しています。

お肉など、調理後の洗いにくい容器やカッターまで食洗機で丸洗いできるので、お手入れが楽になります◎

フードプロセッサーに興味があるけど、洗うのがめんどくさそう…

と躊躇していた方も、MK-K62なら食洗機対応なので後片付けの負担が減りますよ♪

コードリール(MK-K62 ×、MK-K61 ◎)

・コードリール … MK-K62 × / MK-K61

MK-K61はコードリール式で、プラグを引っ張るとコードが出ます。

サイズに関しては、

・MK-K62 → 幅が広い(幅23.4×奥行15.8×高さ20.9 cm)
・MK-K61 → 奥行きが長い(幅15.4×奥行22.5×高さ21.2 cm)

となっています。

MK-K62とMK-K61どっちがおすすめ?

MK-K62とMK-K61の違いを表にまとめました。

 MK-K62MK-K61
サイズ幅23.4×奥行15.8×高さ20.9 cm幅15.4×奥行22.5×高さ21.2 cm
重さ約2.7kg約2.8kg
消費電力170W120W
容量(約)
ナイフカッター使用時
1回に調理できる最大量
500g
ハンバーグのたね
1回に調理できる最大量
500g
ハンバーグのたね
きざむ・する・混ぜる
粗おろし
おろす・とろろ
パン生地練り×
高速スイッチ×
低速スイッチ×
食器洗い乾燥機対応*
*本体と付属品のへら付きブラシをのぞく
×
コードリール×

以上の結果から、MK-K62とMK-K61がおすすめな人をお伝えします!

MK-K62がおすすめな人

・食器洗い乾燥機対応が良い
・パン生地練りや3段切り替えスイッチは使わない
・コードリールは不要

MK-K62の特徴は食器洗い乾燥機に対応している点です。

自宅に食洗機がある方はMK-K62をおすすめします(^^)

ただMK-K62には、MK-K61に備わっている「パン生地練り」や「3段切り替えスイッチ」がありません。

・フードプロセッサーでパン生地練りをしたい
・食材ごとにカットの回転速度を切替えたい

という方は、次で紹介するMK-K61が良いと思います。

MK-K61がおすすめな人

・食器洗い乾燥機対応でなくていい
・パン生地練りや3段切り替えスイッチ機能が欲しい

MK-K61はパン生地練りや3段切り替えスイッチ機能が装備されています。

これらの機能はMK-K62には付いてない機能なので、フードプロセッサーでパン生地(うどん、パスタ生地など)を作りたい方&食材ごとに回転スピードを替えたい方はMK-K61をおすすめします。

ただMK-K61は食器洗い乾燥機に対応していませんので、ご注意くださいね◎

まとめ:MK-K62とMK-K61の違いを比較!パナソニックフードプロセッサー

今回はMK-K62とMK-K61の違いを比較した結果をお伝えしました。

まとめると、

▼MK-K62がおすすめな人

・食器洗い乾燥機対応が良い
・パン生地練りや3段切り替えスイッチは使わない
・コードリールは不要

▼MK-K61がおすすめな人

・食器洗い乾燥機対応でなくていい
・パン生地練りや3段切り替えスイッチ機能が欲しい

となります。

食洗機対応がよければMK-K62パン生地づくりや食材別にカットの回転スピードを切り替えたい方はMK-K61がおすすめです(^^)

他のフードプロセッサーと見比べたい方はこちらが参考になります↓

▶楽天市場のフードプロセッサーランキングを見る

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました