手芸(ミシン)初心者がソーイング本(子供服)を選ぶ際のポイント♪

ミシン超初心者の私がわかりやすい!と思った手芸本を紹介します😊ミシン初心者の方…手芸本を買おうと思っても種類がありすぎて、どれを買ったらいいか分からない!ってなりませんか^^;?現に私がそうでした。

そこで、ミシン初心者の方が手芸本を選ぶ際に注意するポイントを以下に簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

写真多め&説明文しっかり

以前ある手芸本(子供服のパンツの作り方が掲載されている本)を読んだのですが…その本はハーフパンツの作り方が掲載されているページが2分の1ページ程しかなく、しかも白黒で説明文もざっくりで、初心者の私にはちんぷんかんぷんでしたΣ(゚д゚lll)

ちなみに説明文も「①裁断する→②脇を縫う→③股下を縫う→④股上を縫う→⑤裾を縫ってゴムを通して終わり」のような感じで…写真もほぼないし、わかるわけないじゃん!って感じで😓

何度読んでもイメージが湧かないし、どう縫っていいかわからないし、考えれば考えるほど訳がわからなくなってしまいました😨

なぜそのわかりにくい本を選んだかというと、単にカバー(表紙)が可愛い💕と思ったからです笑 ぱらぱら〜と見たらモデルの子どもたちも可愛いし、写真もおしゃれだし、こんな服作りたい〜🎵と気分が上がり選んだんですが…。それが失敗でした😓

初心者に大事なのは、可愛い写真じゃなくて「手順が丁寧に書かれている」本なんだ!と気付き、改めて選びなおすことに。次は見た目にだまされないように、分かりやすい手芸本を〜と探していたら、良さそうな手芸本を発見しました。

それが「まいにちはける こどものパンツ」です🎵😚

この本では、24ページからベーシックなハーフパンツの作り方が掲載されています。カラーで5ページにわたって丁寧に作り方が記載されていてとても分かりやすいです。こんな↓感じで、写真も沢山載っています。

まいにちはける こどものパンツ

 これなら洋裁ド素人の私でもわかりやすかったですし、写真が多いのでイメージも湧きやすく、モチベーションもアップしました🎵

実物大の型紙が付いている

初心者の方は実物大の型紙が付いている手芸本を選ぶことをおすすめします。何冊か手芸本を読んだのですが、中には縮小されている製図を拡大して型紙を作るものもあり、それは初心者には難しいだろうなと思いました😓

拡大したものをすべて繋ぎあわせて型紙にするわけですが〜うーん…初心者だとずれたりしそうですよね💦

終わりに

えらそうに記事にしてみましたが、私もまだまだ下手っぴな手芸超初心者です😂そんな私だからこそ、同じ気持ちでいらっしゃる方にアドバイスできたらなあと考え、記事にしてみました💡後から気づいたら事があればまた追加する予定です😄

読んでいただき、ありがとうございました💓