ボールペンだと書きにくい!を解消してくれる便利アイテムを紹介

ボールペン字

ボールペンだと書きにくいし、字が下手になる。。シャーペンだと普通に書けるのにな〜

と感じていませんか?

ボールペンは滑りやすいので、シャーペンと比べると書きにくいんですよね(;´Д`)

今回はそんな悩みを解消してくれる便利アイテムを紹介します💡

これさえあれば、子供のプリントや連絡帳も書きやすくなりますよ〜^^

スポンサーリンク

「ボールペンが書きにくい!」を解消してくれるものって?


じゃん!私がおすすめするアイテムは、「硬筆用ソフト下敷き」です^^

「え、下敷き?」と思った人もいると思います(;´∀`)

ですが、この下敷きがあるかないかで、書きやすさがか〜なり変わるんです。

次からその理由を解説しますね^^

「硬筆用ソフト下敷き」がおすすめな理由

なぜ硬筆用ソフト下敷きがおすすめなのか?

その答えは、

適度にペン先が沈んで書きやすくなる(滑りくくなる)から

です。

以下は、硬筆用下敷きを使った場合と、使っていない場合の比較画像です。

ボールペンが書きづらい人にオススメの硬筆用ソフト下敷き

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、下敷きがない状態で書いた字は微妙に波打っています。(赤丸をつけた箇所)

ペン先が滑るせいで、字が波打っちゃうんですよね(;´Д`)

一方、下敷きがある方は波打っている部分はなく、重厚感と安定感があります。

ソフト下敷きの効果でペン先が滑りにくくなるので、字が安定するんです^^

「硬筆用ソフト下敷き」のサイズ感・使用感

硬筆用ソフト下敷きのサイズ感はこんな感じ↓

硬筆用ソフト下敷きのサイズ

使ったノートは、コクヨのCampus(キャンパス)の「B5 A罫 7mm」タイプです↓


・ノート1ページ分のサイズは 縦 252mm × 横 179mm
・硬筆用ソフト下敷きのサイズは H300 × W210 x D2mm

になります。

「ソフト下敷き」というだけあって、かなり柔らかいです。

こんだけ曲がります^^

厚みもしっかり。

2.0mm厚なので、一般的な下敷きと比べるとかなり厚みがあります。

最初はこの厚みに少し違和感があるのですが(今まで薄い下敷きしか使用していなかったので)、慣れるとボールペンでもスラスラ書けます。

一度使うとやみつきになりますよ^^

硬筆用ソフト下敷きのメリット・デメリット

では、硬筆用ソフト下敷きのメリットとデメリットをお話します。

硬筆用ソフト下敷きのメリット

繰り返しになりますが、この下敷きが1枚あるだけでグッとボールペンが書きやすくなります。

ソフト下敷きを使うことでペン先が適度に沈むため、漢字の「トメ」や「ハライ」がしやすくなり、美文字に近づけるんです^^

以下は、下敷きを敷いた場合と敷かなかった場合の比較図です。

硬筆用ソフト下敷きの紹介

いかかでしょうか?

下敷きがある方が、重みがあってトメ・ハライがしっかり書けているように見えませんか?

(相変わらず下敷きナシだと字が波打っていますね(汗))

私は今美文字に向けて日々練習中なのですが、下敷きの有無で字に差が出ることがわかって以来、ず〜っと下敷きを使って字の練習に励んでいます。

今はそれに慣れてしまったので、下敷きナシでは書く気が起こらなくなりました笑

下敷きがないと、かなり書きにくく感じます(;´Д`)

硬筆用ソフト下敷きのデメリット

でも、デメリットもあるでしょ?

という声もあると思うので、イマイチな部分もご紹介します。

・下敷きに筆跡が残ること
・一般的な薄い下敷きと比べると、やや重い

ソフト下敷きを購入して2か月たった今、気になることは…「下敷きに筆跡が多少残ること」です💦

こればかりは素材的にどうしようもないかな〜と思います。

(筆跡を写真で撮ろうとしたのですが、上手く写りませんでした💦)

正直に話すと、最初は下敷きに残る筆跡が気になっていました。

が、毎日使ううちに…見慣れて気にならなくなりました笑

多少の汚れなら気にならない!という人なら、許容できる範囲かと思います。

また、ソフト下敷きは厚みがある分、やや重いです。

「硬筆用ソフト下敷き」の口コミは?

以下は、硬筆用ソフト下敷きを使った口コミです^^

おまけ:おすすめのボールペンは?

ここまで読んでくださった人で、「書きやすいボールペンが知りたい!」という方もいると思います。

ボールペンって種類が豊富なので、どれが書きやすいボールペンか分かりづらいですよね💦

ネットの情報や書道家の方がオススメするボールペンを調べたところ…

・「ゼブラのサラサ」が上位にランクインしていることが多かった
・ボールペンの練習には、ある程度太いが良い(0.7〜)

ということがわかったので、試しにサラサの0.7の5本セットを買ってみました。

サラサ ボールペンの良いところ

サラサの良い点は、

・100均や粗品のボールペンのようなインク切れがない
・書き味がなめらか

なことです。

100均一や安物のボールペンって、途中でかすれたり、インクが途切れ途切れになることがありますよね。

ですが、サラサはそれがない!

常にインクが続いてくれる感じで、ストレスフリーです^^

今回載せている写真は、すべてサラサ 0.7 で書いたものです♪

サラサ ボールペンのイマイチなところ

ただ、欠点も少しあります。

それは、

・書いた直後に指が当たると、擦れる

です。

サラサは水性顔料インクジェルボールペンなので、乾くまでに多少時間がかかります。

なので、書いた直後に触れてしまうと、字が擦れたり伸びたりする欠点があります。

そこに注意して使用すれば、とても使いやすいボールペンですよ^^

ボールペンが書きにくい!と感じたらソフト下敷きを使ってみよう

今回は、ボールペンが書きにくい!という悩みを解消してくれる「硬筆用ソフト下敷き」をご紹介しました😃

硬筆用下敷きがおすすめな理由は、

厚みのある硬筆用下敷きを使うことで、適度にボールペンのペン先が沈んでボールペンが書きやすくなる(滑りくくなる)から

でした^^

おまけで、おすすめのボールペン「ゼブラのサラサ」についてもご紹介しました。



以下の記事では、おすすめのボールペン字練習帳について感想をまとめています。

よくある練習帳と違って”美文字になるためのステップ式”になっているので、効率的に美文字を目指せます^^

「ボールペンが書きにくい」「ボールペンだと字が下手になる」という人にとって、参考になれば嬉しいです😃

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました